Xサーバーの契約 料金の支払い方法


前回の記事ではXサーバーの契約方法について
解説をしました。

ここではXサーバーの本契約について
解説していきます。

前回の手順でXサーバーの契約は一通り
終了なのですが、そのままだと無料お試し期間
の状態です。

無料お試し期間は10日間で、
10日を過ぎると使えなくなってしまいます。
つまりその10日間のうちに支払いを
済ませなければいけません。



詳しくはXサーバーの説明を見てください。
無料お試し期間について

では早速、本契約の手順について解説していきます。

本契約は何だか難しそうに聞こえますが
一言でいえば、料金の支払いです。
すぐに終わりますので安心してくださいね。

まず、前回のXサーバーの契約の時に
「Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)」
というメールが届いたと思いますが、

そのメールにあるインフォパネルの
URLにアクセスしてください。

するとこんな画面に切り替わります。
↓ ↓ ↓
yam.2.01



これはXサーバーのログイン画面です。

自分で設定したIDとパスワードを
入力したあと、「ログイン」をクリックします。

■会員IDまたはメールアドレス
先ほどのメールにIDとメールアドレス
が記載されています。
どちらかを入力してください。
■パスワード
これも先ほどのメールに記載されています。


するとこんな画面に切り替わります。
↓ ↓ ↓
yam.2.02



ログイン後の画面です。

赤で囲ってある部分
「料金のお支払」
をクリックします。

するとこんな画面に切り替わります。
↓ ↓ ↓
yam2.03



これは料金の支払い画面になります。

まず一番左の赤で囲ってある部分に
チェックを入れてください。

次に真ん中の赤で囲ってある部分で
更新期間を選択します。


■料金について
更新期間が3か月の場合、1か月あたり1296円(税込)となります。
6か月、12か月の1か月あたりの料金はそれぞれ1188円(税込)
1080円(税込)となっています。ただ初回は初期費用3240円(税込)
が必要です。(2014/10/2現在)
詳しくはXサーバーの説明を見てください。
Xサーバーの料金について


更新期間を決定したら
「お支払方法を選択する」
をクリックします。

するとこんな画面に切り替わります。
↓ ↓ ↓
yam2.04 yam2.05



これは支払方法を選択する画面です。

クレジット、銀行振り込み、コンビニ、ペイジー
が利用できます。

ここではクレジットでの支払いを解説します。

画面内の「クレジット決済画面へ進む」
をクリックしてください。

するとこんな画面に切り替わります。
↓ ↓ ↓
yam2.06



これはクレジット情報を入力する画面です。

クレジットカード番号と有効期限を
入力してください。

入力したら「カードでのお支払い(確認)」
をクリックします。

ここでは決済は完了されません。
次に確認画面が表示されます。

こんな画面に切り替わります。
↓ ↓ ↓
yam2.07



これは確認画面です。

契約期間、金額、クレジットカード番号、有効期限に
間違いがないことを確認したら
「カードでのお支払い(確定)」をクリックします。
※このクリックで決済が実行されます。

クレジットカードでの支払いが終了すると、
先ほどのメールアドレスにメールが
届きます。

このような内容のメールです。
↓ ↓ ↓
yam2.08



メールの内容を確認してください。

これでXサーバーの本契約は完了です。
お疲れさまでした!

今回はXサーバーを例にとって
料金の支払いを解説しました。

ほかのレンタルサーバーでも流れは
変わりません。

前回の「Xサーバーの契約方法」でも書きましたが、
サーバーの安定性、サイトの表示速度、また容量の面でも
Xサーバーは非常に高いレベルにあります。

サイトの表示速度が早ければ
サイトを巡回しているクローラーが
それだけたくさん中身を見てくれることになります。
検索エンジンの面で有利なわけです。

月千数百円でこのレベルのレンタルサーバーは
ほかにはありません。

最強のワードプレスを作るためにも
ここはサクサク進んでいきましょう!

副収入で安定して稼ぎ続けるための無料メール講座(画像をクリックです)
mailmaga.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です