FFFTPのダウンロードの仕方と設定方法と使い方


FFFTPは、データをインターネット上に
アップロード、ダウンロードできるツールです。

この無料で使えるFFFTPのダウンロードの仕方から
設定方法、全体的な使い方を画像付きで分かりやすく
解説していきます。

自分が利用しているレンタルサーバーに特典ファイルなどの
データファイルをアップロードしたり、Webサイトの更新を
アップロードしたりできるのでぜひここで覚えてください。




ではさっそく解説に入ります。


まずこちらのサイトにアクセスします。
↓ ↓ ↓
FFFTPのダウンロードはコチラから!



アクセスするとこのような画像が表示されます。
↓ ↓ ↓
1





赤枠の「窓の杜からダウンロード」をクリックします。
そうするとダウンロードが始まります。

通常ダウンロードしたファイルは
ダウンロードのフォルダに保存されています。
↓ ↓ ↓
2





左の赤枠の部分にカーソルを合わせて右クリックすると
選択画面が出てきますので、右の赤枠「開く」をクリックします。

そうするとこんな表示が出てきます。
↓ ↓ ↓
3





赤枠の「次へ」をクリックします。

そうするとこんな表示が出てきます。
↓ ↓ ↓
4





赤枠の「次へ」をクリックします。

そうすると次はこんな画面が出てきます。
↓ ↓ ↓
5





ファイルのコピー先の指定です。
そのまま赤枠の「次へ」をクリックしてください。

そうするとこんな表示が出てきます。
↓ ↓ ↓
6





「以下の指定でインストールを実行します」という
表示が出ますので、そのまま赤枠の「次へ」をクリックします。
そうするとインストールが始まります。

インストールが終了するとこのような表示が出ます。
↓ ↓ ↓
7





赤枠の「完了」をクリックしてください。

デスクトップを確認してみるとFFFTPのアイコンが
表示されていることが分かります。
↓ ↓ ↓
8





このアイコンをダブルクリックするとFFFTPが起動します。

これでFFFTPのダウンロードとインストールは終了です。



次にサーバー情報を設定しましょう。

ここでは僕が使っているXサーバーを例に
解説していきます。

Xサーバーを開設したらこのようなメールが届きます。
↓ ↓ ↓
9





サーバー情報の設定は赤で囲ってある部分が
必要になりますのでコピペをします。

ではデスクトップのFFFTPのアイコンを
ダブルクリックしてFFFTPを起動させましょう。

起動させるとこのような画面になります。
↓ ↓ ↓
10





赤枠の「新規ホスト」をクリックします。

そうするとこのような表示に切り替わります。
↓ ↓ ↓
11





■ホストの設定名
ここは任意の文字を入力します(例えば“やまやん”など)
■ホスト名(アドレス)
先ほどのメール内の「FTPホスト」の部分を張り付けます。
■ユーザー名
メール内の「FTPユーザー」の部分を張り付けます。
■パスワード
メール内の「パスワード」を張り付けます。
■ローカルの初期フォルダ
右の小さな四角い部分をクリックして「デスクトップ」
を選択します。

すべてに記入したら下の赤枠「OK」をクリックします。

そうするとこのような表示になります。
↓ ↓ ↓
12





上の赤枠の部分が先ほど作成したホストです。
そのホストをクリック(青色に変わります)したら
下の赤枠「接続」をクリックします。

するとこのような画面が表示されます。
↓ ↓ ↓
13





接続が完了するとこのような画像になります。

左側がデスクトップ(ローカル)で
右側がサーバー情報になります。

FFFTPではローカル側からサーバー側にデータを
アップロードする形です。

サーバー情報の設定は以上となります。



最後にFFFTPの使い方を解説したいと思います。

FFFTPを使うときの大半は
デスクトップ側のデータをサーバー側(ドメイン)に
アップロードすることがほとんどです。

ではそのアップロードの方法を説明します。
FFFTPに接続した画面から作業を始めます。
↓ ↓ ↓
14





先ほども説明したとおり、左がデスクトップ側で
右側がサーバー側(ドメイン)になります。
つまり、デスクトップ側のデータ(ワード、PDF等)を
右のサーバー側にアップロードするわけです。

でも、ただ単にサーバー側にアップロードすればいいのではありません。
アップロード先のドメインにアップロードします。

それで、サーバー側に自分のドメインがあるので
それをダブルクリックします。


僕のドメインはyamayan.infoなので、ここでは
赤枠の部分「yamayan.info」をダブルクリックします。

そうするとこのような表示に切り替わります。
↓ ↓ ↓
15





レンタルサーバーのXサーバーを使っている場合は
赤枠の「public_html」というフォルダをダブルクリックします。

そうするとこのような表示に切り替わります。
↓ ↓ ↓
16





後はデスクトップ側のアップロードしたいデータを
ドラッグして右のサーバー側に移すだけです。

ここでは赤枠にある「blogranking.pdf」をサーバー側に
移動させます。

移動させた後の画像がこちらです。
↓ ↓ ↓
17



無事に移動できましたね。


じゃあアップロードしたデータはどうなってるの?
という疑問がわくかもしれません。

実はデータをドメインにアップロードすると
すでにそのデータの専用URLが生成されています。
そのURLにアクセスすればいいだけです。


この生成されるURLはこのような規則に従っています。

先ほどアップロードしたデータ名はblogranking.pdf
アップロード先のドメイン名はyamayam.infoでした。

この場合生成されたURLはこうなります。

http://yamayan.info/bogranking.pdf

このURLにアクセスしたページがこちらです。
↓ ↓ ↓
18

ドメインyamayan.infoにファイルbogranking.pdfが
アップロードされたことが分かりますね。



アップロードしたはいいけど、生成される
ダウンロードURLが分からない!
ということがよくあるようです。

ぜひここに書いてあることを忘れないでくださいね。

副収入で安定して稼ぎ続けるための無料メール講座(画像をクリックです)
mailmaga.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です